2018年07月13日

映画「神楽鈴の鳴るとき」上映会&舞台挨拶

主演・濱田ここねさんの舞台挨拶が決定!

0001 - コピー (566x800).jpg


国の重要無形民俗文化財である「河口の稚児舞」を鍵に、家族の形を描いた映画『神楽鈴の鳴るとき』。主演は、宮崎市出身の女優・濱田ここねさん。2013年公開の映画『おしん』では、オーディションによって約2500名の中から主人公・谷村しん役に選ばれ、第37回日本アカデミー賞新人俳優賞など数々の賞を受賞。以後、ドラマ『私を離さないで』、映画『タイガーマスク』などに出演し、順調にキャリアを重ねている。今回演じるのは、交通事故で両親を亡くした稚児舞の舞手である少女・鈴(ルビ;りん)。フルート奏者夫婦へ養子に迎えられる話が持ち上がるが──。8月には西都市と門川町での上映会が決定。濱田さんと原案・脚本を手がけたスタジオジブリ出身の美術家・増山修さんが来場する。

鈴の祖父役は、今年急逝した俳優・大杉蓮さん

西都上映会
▼8月11日(土)13:00〜、16:00〜、19:00〜
会場=西都市文化ホール
料金=1000円(当日1500円)
問合せ=同会場0983・32・6300
門川上映会
▼8月12日(日)12:30〜、15:00〜
会場=門川町総合文化会館
料金=1000円(当日1500円)
問合せ=0982・63・0002
posted by don at 07:57| 宮崎 ☁| Comment(0) | 文化ホール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: